FC2ブログ

新梢咲きクレマチスの植え替えと剪定

2012.02.07 22:17|販売スタッフ
今週は、鉢植えで育ててきた新梢咲きクレマチスの
ディバーシフォリアブルーボーイの鉢増しと剪定をご紹介しようと思います。


バラと同じように2年に1回は、鉢増しをしていくのが理想です。
クレマチスは、根が長いので、深鉢タイプを使います。


7号鉢


このスクェアーの鉢に植え替えます。


鉢底



根が鉢底から出ているので、丁寧にぬきます。 

    鉢の底をトントン・・・横をトントン・・・


クレマチス 根


ほら、良く見ると、もう新芽が出てきていますね。

まわりの土を少し指でほぐします。

根鉢崩し


次に用意した一回り大きい鉢に
草花用の土を鉢の三分の一の所までいれます。

植え替え1


鉢植えの場合は
1節分土をかぶるように植えたほうが苗にとって良いので

その分とウォータースペース考えて・・・。

苗を入れてみて、丁度良かったら回りに土を入れていきます。


植え替え2


トントンと鉢をゆり動かしてたいらにします。

手際よく進めて

ここで剪定もしてしまいましよう。

植え替え4


新梢咲タイプは、強剪定をします。

前年に伸びた枝は、
冬になるとほとんど枯れてしまうので1,2節でカットします。

花を咲かせる芽が、土の中に出ているので
傷をつけないように鋏できります。

剪定1


株元からカットしても良いのですが、
(新芽)を傷つけないように
1節残したこの辺りでカットしてください。

剪定6


できあがりましたね。


剪定3



最後にお水をあげます。(お水は、2回時間を空けてあげます。)

剪定5


鉢底から水が出るまであげ続けます。(茶色の水が出るまで)

15分位まってから再度水をあげます。(きれいな水が出てきます。)


温かくなるとびっくりするくらい
丈が伸びてあっという間にオベリスクが埋まっていきます。

芽が伸びてきた頃にまたお知らせさせていただきます♪


それでは、また次回・・・。


販売担当     時田

スポンサーサイト



コメント:

オベリスク。

なるほど、オベリスクという手がありましたか!
どうしても、つる性というと、フェンスか何かと考えがちでしたが・・・
春の満開の様子が目に浮かび、楽しみです。
しかし、地上は枯れ枯れなのに、
地下では、力強く生きている。
人間もそんな力強い生き方をしたいものです。

リボンの騎士様

本当にその通りです。
風にも負けず雨にも寒さにも負けず・・・

春は、そこまできています。

クレマチスは、オベリスクを使うとベランダにもおけますね。
リボンの騎士様も今年は、試しにつかってみてください。

     販売担当  時田
非公開コメント

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる