FC2ブログ

モノではなく経験を消費する。

2012.10.28 23:19|糀まつり
こんにちは。糀まつりの中川です。

先日、2月末に開店して以来初めての広告を
地域誌「ふれあいタウン」さんに掲載いただきました。

掲載当日から現在も、しっかりと反響がありうれしい限りです。
特に飲食系ではネット広告やSNSよりも
「紙媒体」の効果の根強さと速効性を実感します。

これが東京都内ともなれば、どこの駅で、どこの町で、どんな料理を、
どんな用途で、どんな雰囲気で、いくらの予算で、食事後の流れも考えて、
がっつりお肉のシュラスコで、いやヘルシーにおばんざいダイニングで、
デザート重視で、いやお酒がメインで、ビルの最上階で、いや隠れ家バーで、
古民家風カフェで、いやエンターテインメントレストランで、
始発までやってるお好み焼き屋で、いや終電に間に合う駅ビルで、
と細分化されたニーズに合った店を探し当てます。
情報が細分化された専門誌は別として、フリーペーパーなどの
ペーパーマガジンをめくっていては情報が多すぎて時間が足りません。

だからグルメサイトだったり、個人のブログやレビューを参照したり、
「検索」サイト等を利用するわけですね。
消費者が、能動的に、主体的に情報を「取得」しにいく。

しかしながら当店の営業しているエリアは店舗数、情報数自体も少ないため
消費者にとって主体的な情報収集の方法は、やはり「口コミ」に頼らざるを得ません。

日常で得ている主な情報源がテレビのため、必然的に足を運ぶ地域の店は
少ない情報の中で、つまり人から聞いたもの、目に付いたものから選別する。

情報は少なくても、郊外エリア、特に当店の営業している幹線道路沿いは
大手飲食チェーンがひしめく価格競争激戦地帯。個人店にはとても厳しいエリアです。

ただ、逆に言えばお客様の期待値が非常に低い。
これをとても強く感じます。

最近ではチェーン店でも品質の高いお店が増えましたが、
普段どんなところへお食事に出られるんですか?と聞けば、
実は来店されたお客様の大半が「行くところがない」と。(!!)

ちょっと出かけた時は仕方がないからその辺で。。。
という声がほとんどです。この「仕方がないから」が気になった。

それを逆手にとって、開店以来、糀まつりでは
発酵食という専門ジャンルで、得意分野を全面に押し出しています。

もともと期待されていないから、気持ちを入れて料理をつくり、
それを喜んでいただけた時の「振り幅」=ギャップも大きいような気がします。
もちろん、お客様に伝わることで私の感じる喜びも大きいです。

ようやく、いや1年以上、だいぶ遅れて、塩麹が普及しはじめた埼玉県南部。
店名には「発酵」。

お客様は
「塩麹、なんかテレビで、はやってるわよね~」
「なにを漬けてもいいらしいわよ。お肉なんてすっごくやわらかいの。」
「ちょっとしょっぱいからね、私は牛肉にまぶしたら、すぐ焼くの」
「おなべの出汁の沸いたところとか、あとお味噌汁に入れてもいいらしいわよ」
という調子のいつもの会話。
ここでは詳しくは触れませんが、
後半の会話に至っては発酵の要素ゼロです。

もちろん消費者だけが悪いのではなく、
間違った情報を発信し続けるテレビをはじめとした
不勉強なメディアや、
雰囲気と見せ方重視で本質を見ようとしない、
微生物を食い物にした「料理研究家」さん達の責任です。

そこへきて糀まつりでは、
「当店は塩麹は一切つかってません。」
という言葉でトドメをさします。
まったく意味のない、発酵とは名ばかりのものが溢れた
市販品の塩麹等と、うちのお店を同類扱いされては困るのでこちらも必死です。
しょうゆこうじ、とやらは論外です。蔵の方や、東北の方に笑われます。

とは言え、今のスタイルが出来上がったのはつい最近。
お世話になっている諸先輩のアドバイスやご指導のおかげです。

「料理人が、手間で金をとったら終い(しまい)だよ。」
この、ある先輩の一言が突き刺さりました。

はっきり言って考えが甘すぎた。だから料理の内容も、
提供スタイルも、ワンプレートカフェスタイルから完全に変更しました。
洗い物の数も5倍以上に増やしました。ホントです。w
手間をこれまでの倍以上かけることで、逆に価格を抑えることにも成功しました。

そして勢いで、店名も変えました。笑

こうして産まれたのが、新生、
「埼玉野菜と発酵 糀まつり」です。

お客様と適度な距離でコミュニケーションをとり、
発信したい情報を、決して押し付けることなく、
お客様に得をしてもらえるようなお話をしながら料理を提供する。

よろこびが結果として再来につながり、また新しいお友達を連れてきていただける。
学生時代に専攻していた「経験価値マーケティング」(モノではなく体験を消費する)を、
やっと仕事に結びつけられつつあります。w

結局何を述べたかったかというと、
メディアの利用の仕方にも地域性があるのだな~、という感想です。笑

長々と失礼いたしました。

ふれあいタウン20121025



埼玉野菜と発酵 糀まつり
http://amazakepower.web.fc2.com

OPEN 11:00-17:00 月曜定休
070-5576-3040

スポンサーサイト



テーマ:カフェ
ジャンル:グルメ

コメント:

非公開コメント

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる