FC2ブログ

イングリッシュローズ

2015.11.24 18:57|生産スタッフ
こんにちは。

忽滑谷です。


相変わらず、ずっと大苗の植え付けを行っています。

今日は、先週末から植えていた、

イングリッシュローズの輸入苗を植え終わりました。

また明日からは違う苗を植えていくことになります。


オールドローズから、モダンローズ、

ブランド品種など、色々なバラを順番に切っていると、

まるでバラの品種の世界の旅をしているような気分になります。




12247054_887479371372566_825086482652475570_n.jpg

輸入苗は、根洗いされて海外から入ってきた苗で、

台木も日本のものとは違うため、初期成育に気をつかいます。

植えてからの痛みがなるべくないよう、

根はなるべく残してあげて、

枝はやや深めに切って、植えつけてあげてます。




12274414_887479434705893_3623618982367632244_n.jpg

根が鉢に入る大きさであることを確認しながら・・・。



魅力的な品種が多い、イングリッシュローズ。

せっかくですので、

今日は、その中でも、

『僕が個人的に、品種名の由来が気になった品種』

を、3品種ご紹介します。




それではさっそく発表します。

第3位は、





12241695_887479271372576_3574826735374133410_n.jpg

‘ファイティングテメレア’です。


今まで、

ファイティングニモみたいなものかなって、

いつも考えてました。

勇敢なテメレアみたいな。


今日、お昼に由来を調べてみたら、

イギリス人画家のJMW ターナーよって、1839年に描かれた船の絵画が由来のようです。

ファイティングテメレアとは、

『戦艦テメレーア(テメレール)号』、という意味でした。

ちなみに、googleなどの検索エンジンで検索すると、絵画が出てきますので、

気になる方は検索してみてください。

壮大な絵です。






第2位は、



12243486_887479338039236_439095905831522301_n.jpg

‘デスデモーナ’


今年の新品種です。

ドラクエの呪文みたいな名前ですが、

シェークスピアの戯曲「オセロ」に登場する悲劇のヒロインが、名前の由来のようです。


ただ、僕は、この品種名を見るたびに、

(・∀・)・・・・デス。デモナー。

というような、ユルキャラみたいなものが頭に浮かんでしまいます。

どこか日本語的な響きがかわいい品種名。

花もかわいい花が咲きますよ。





そして、

栄えある第1位は、




ドゥルルルル......バン!




12250148_887479314705905_8843554241204430806_n.jpg

‘ザ・ラーク・アセンディング’


たぶん、「ヒバリは昇っていく」っていうような意味なんだと思います。

以前から、この品種名を見るたびに、

情景が思い浮かぶような、かっこいい名前だなって思っていました。

調べてみると、

イギリス人音楽家、レイフ・ヴァーン・ウィリアムズさんの作品からとったようです。

家に帰って、ネットで探して聞いてみようと思います。



今回紹介したのは3品種のみですが、



イングリッシュローズの品種名は、こうしてみると、

シェイクスピア、音楽、絵画など、

イギリスの文化に由来しているものが、ほとんどで、

バラと、祖国の文化が結びついているように感じますね~。

名前も花も魅力的な品種の多い、イングリッシュローズのご紹介でした。




忽滑谷 (アップルローゼス
スポンサーサイト



08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる