FC2ブログ

ロビンちゃん

2015.05.26 20:00|生産スタッフ
こんにちは。

忽滑谷(ぬかりや)です。


今日は、銘花、「ロビンフッド」のご紹介をしようと思います。


600IMG_9827.jpg

ロビンフッドは、1927年以前に、イギリスのペンバートンさんが作出したバラとされています。


ペンバートンさんといえば、コーネリアや、フェリシア、ムーンライト、ダナエ、ペネロペなどを作出された方で、

いわば、ハイブリッドムスク系統のお父さんとも言えるお方です。


交配親は、実生 × ミス・エディス・カーベルとされています。


この品種も、ハイブリッドムスクやシュラブに分類されますが、

半つる状に伸びながら、春以降も、気まぐれに返り咲いてくれます。


花がらを残しておくと、秋には実をつけてくれます。


ただ、株がまだ小さいときなどに、花を多く楽しみたい場合には、

ある程度花がらを取り除くと良いですよ。



IMG_9877.jpg

このロビンフッドは、アイスバーグの交配親として使われたとされています。


母親がロビンフッド、父親がビルゴです。


かなり照りの強い葉が美しい品種ですが、

その葉のフォルムは、こうしてみると、どことなくアイスバーグに伝わっているように思います。




600IMG_9843.jpg

やや遅咲きのため、うちの庭の株は、先週日曜日に満開を迎えました。


わっと、いっせいに満開に咲く姿は、かわいらしくもあり、迫力もあります。


写真を撮っていたら、クマバチが来訪、

花数の多さから、クマバチも、ロビンフッドに夢中になっていました。


僕はというと、夢中になってクマバチを撮ってました。

クマバチは、温厚な蜂なので、好きです。



ピントが合った写真は少なかったけど、

ロビンフッドとクマバチの、かわいさが伝わりますか?!




IMG_9848.jpg

600IMG_9846.jpg

600IMG_9325.jpg

IMG_9853.jpg

IMG_9858.jpg

IMG_9860.jpg

ちなみに、ロビンフッドは、イギリスの伝説上の人物で、

文学や映画など、様々な作品が発表されています。


遼ローズみたいになっちゃった。



忽滑谷(ぬかりや)でした。
スポンサーサイト



08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる