FC2ブログ

台風一過だし!

2014.10.14 19:18|生産スタッフ
こんにちは。

忽滑谷(ぬかりや)です。



台風一過です。


幸いにも、大きな被害はなく終わりましたが、


ものすごい強風で、くたくたになりました~。


皆様は大丈夫だったでしょうか?!







先週末、


またまた大型台風が近づいていて、


お休みは雨かな、またバラ園巡りかなって思っていたら、思いのほかいい天気でした。





少し写真も撮れたので、


今回は自宅のお庭からです!



600IMG_8133.jpg

スムースパヒューム

Harvey D. Davidsonさん、1990年の作出。



‘Smooth’と名前につくように、

とげのないバラです。



とげのないバラ、大好きです。




パヒュームの名のとおり、とげなしのバラには珍しく、香りがあります。



ただ、個人的にはあまりぐっとこない、甘い系の香りなのは残念。





デビッドソンさんは、これまでに多くのトゲなしのバラを発表しています。



スムースエンジェル、スムースレディ、スムースベルベットは見たことがありますが、




‘Smooth Ballerina’ ‘Smooth Buttercup’ ‘Smooth Delight’ ‘Smooth Melody’ ‘Smooth Moonlight’ ‘Smooth Prince’ ‘Smooth Sailing’  ‘Smooth Princess’ ‘Smooth Queen’ ‘Smooth Romance’ ‘Smooth Sailing’ ‘Smooth Satin’ ‘Smooth Snowflake’ ・・・と、



いったい何が、彼を、とげなしのバラの世界へとかりたてているのでしょうか?!


他にもとげなしの品種をいろいろと出しています。




どれも欲しい!




コレクター魂が揺さぶられます。




実物を是非お目にかかりたいです。




僕も、いつか一つでいいから、とげなしのバラ、作りたいなぁって思います。











600IMG_8136.jpg


ラブ&ピース


Ping Limさん 1991年作出。


ピンリムさんは、レイボーシャーベットなどでも、


AARSを受賞している偉大な方です。



ラブ&ピースは、銘花、ピースの改良版として高い評価を受けている品種です。


枝が締まりにくく、やや育てにくい印象のあるピースでしたが、


樹勢も、耐病性も、改善されて、育てやすくなりました。




ただ、花の雄大さ、繊細さはピースの方があるように感じてしまいます。


花の魅力を重視すると、


耐病性が落ちてしまうし、



耐病性を改善すると、


花の魅力がどうしてもやや落ちてしますし、


両立させるのは、難しいですね。





でも、そういうところも含めて、


その佇まいが好きなバラです!






600IMG_8129.jpg

台風の前だったので、残りのバラの実を全部収穫しました。


これで、今期は最後の種!


冷蔵庫のなか、もうパンパンだし・・・。




もう毎日、夜な夜な種を剥くのには疲れてきました。


もうひと頑張りだし!



600IMG_8192.jpg

先月種まきした、セルトレー。


雑草が生えてるじゃんって、抜こうと思ったら、


もうバラが発芽してる!




早っ!



系統差、個体差はあって、



必ず、発芽に低温は必要というわけではないみたいです。




忽滑谷(ぬかりや)
スポンサーサイト



08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる