FC2ブログ

歴史。

2012.08.19 22:59|cafe 花まつり
こんにちは。cafe 花まつり 中川です。

お盆休みが明け、いよいよ当店は営業が再開しました。
休みの間は、仕事のことを考えたり、身体のケアをしたり。
もちろん実家に顔を出すなどして、家族との時間もたっぷりと
とることができ有意義でした。

そして連休最終日は、今もお世話になっている先輩のオフィスへ。
改めて発酵の勉強をするためお邪魔してきました。

(一応再度自己紹介しておきますと、
 当店は発酵食を中心とした、和食がメインのカフェレストランです。)

で、さすが百戦錬磨の大先生。
豊富な知識と経験による説得力のある講義と実習。
歴史に学ぶ大切さを改めて感じ、また謙虚な気持ちになりました。

発酵はブームではなく、命懸けで考えられてきた先人の知恵であり、
調理技術です。「調味料」などでくくられる浅はかな金儲けのツール
ではなく、日本人を支えてきた微生物のはたらきそのものです。


カンタン、ベンリ、バンノウ。


こんな言葉で購買意欲を煽られ、なぜ良いのかなど考えず、
メディアの情報を鵜呑みにして、しょっぱいだけでまるで
意味のない殺菌された瓶詰めの塩麹を食べる多くの消費者。

免疫力が高まるらしい、と買ってきた天然醸造の味噌。
でも、ガンガンに沸騰させ続けた味噌汁にはもう、微生物はいません。
インスタント味噌汁しかり。大事なことが、忘れがち。

目に見えない微生物。でも、はたらきを通して見えることもある。

今日来店されたお客様に、ひとつの漬け床をお見せしました。
その漬け床はもちろん発酵中。酵母が活発にはたらいている状態で
ぷく、ぷく、と気泡が出てきます。まさに微生物の生命活動による
現象を目の当たりにしたお客様は目を輝かせて、
「こんなの初めて見た!」と感激されていました。

味噌も醤油も甘酒も、日本酒だってお酢だって、
日本の醸造物には本来、有益な微生物がたくさん生きているんです。

もっと詳しく知りたい方には、
ワークショップでお話させていただいております。

からあげ


これは大先生のところで、食事の際にいただいた味噌漬けの唐揚げです。

じゅわぁーっとひろがり、ほろりとほぐれ、ぴりっとうまい。
もちろん微生物によって肉が分解され、旨みが増して
香りも絶品の、発酵させたからあげです。

この味噌をつくるのにどれだけの時間が費やされ、
どれだけの微生物がはたらいたか。
大豆が採れるまで。麹や塩ができるまで。味噌になるまで。
どれだけの人が関わったか。

戦国時代、生死を左右するほど貴重だった味噌。
どれほど尊いものだったのか。そんなことに想いを馳せると、
一杯の味噌汁も、ありがたみがひとしおです。
大先輩の豆腐だけの味噌汁を初めて食べ、初心に還った夏の日でした。



おまけ。

講義中に豚汁の話題がでて、今日のランチで思わず作りました。
作るのに相当な時間を費やしたけど、おいしかった~♪

とんじる


週に一度の食べ物の話。何かのお役に立てば幸いです。

You are what you eat.
Have a nice day !!

豚汁屋さんになろうかな♪

cafe 花まつり


--
バラの家 内「cafe 花まつり」は月曜日定休です。

<営業時間 11:00-17:00>
 ランチ  11:00-14:00
 喫茶・軽食14:00-17:00
 店舗TEL 070-5576-3040(当日予約も可能です)
スポンサーサイト



テーマ:カフェ
ジャンル:グルメ

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる