FC2ブログ

夏の風物詩。

2012.08.12 23:23|cafe 花まつり
こんにちは。cafe 花まつりの中川です。

社会人になって初めての7連休。
こんなに長いお盆休みは初めてです。^^

初日はこれまでの疲労が出てダウン。
一日ほとんど何も食べずに寝ていたら
2kg痩せました。笑

さて、杉戸町では先日、夏の風物詩
「古利根川の流灯まつり」が開催されました。

畳1畳分ものおおきな手づくりの灯篭。
これだけ浮かんでいるのは壮観です。

古利根川


しばらく眺めていましたが、
まさに時間を忘れるひとときでした。

夏といえば かき氷。

夏外観


そして、甘酒。

のぼり


関係者やお客様からは、え?甘酒ののぼり?
という声が飛んできます。ww

そう、俳句では夏の季語でもある甘酒は
江戸時代より夏バテ予防、疲労回復に一役かっていました。

近年では寒い季節に飲む、酒粕にお湯と砂糖を加えて
調味した甘酒が広まっておりますが、
それはてっとりばやく大量に作れるから、それだけのこと。

日本酒を醸造した際のカスを使用するわけですから
当然アルコールの臭いはします。私はそれが苦手な一人。

昔から飲まれている甘酒、すなわちお米と米麹と水のみで
つくる甘酒は、すっきりした甘みです。
もちろんアルコール発酵前のものですから酒臭くありません。
微生物を活かす温度でつくりますので発酵菌や酵母も活きています。
でもこれはご自宅で作るか、蔵で買うしかお目にかかれません。

流通のためには火入れ(殺菌)をしなければならないからです。
殺菌とはすなわち、麹菌をはじめとする有益な発酵菌を殺すこと。

上手に火入れ(加熱)をすればグンと甘みも増す甘酒は、
ブドウ糖などを多分に含んでおり、栄養価の点では
飲む点滴と言っても差し支えないかもしれません。
しかし、そこにはすでに有益な微生物がいない。。

ご存知の通り、体内および表皮では、さまざまな常在菌が
24時間はたらいており、身体環境を維持しています。

ビタミン・ミネラルなどのサプリメントや、酵素のジュースを
いくら飲んでも、それらを活かしてはたらく微生物がいなければ、
ドライバーのいないカーレースのようなものなのです。

食の欧米化がすすみ食生活が多様化し、
日々の生活で、食べる楽しみが増えたのは素晴らしいことです。

しかし、腸内環境を整えるにあたって有用な微生物を
あまりにも軽視してきた結果が、現代人の免疫力の低下を
物語っているといっても過言ではありません。

せめてご家庭で、天然醸造のお味噌をつかった手づくりの
味噌汁を、一日一杯、召し上がっていただきたい。
そんなことを田舎町の小さなお店で、切に願っております。

写真は先日、スペシャルにつくった甘酒の盛り合わせです。


甘酒盛



この甘酒を、いよいよ。。。。

××しちゃいます。近日公開~♪


あ、大事なことを書き忘れましたが、
花まつりでは、ランチで生甘酒をご提供してますっ!!


週に一度の食べ物の話。何かのお役に立てば幸いです。


You are what you eat.
Have a nice day !!

ペルセウス座流星群?

cafe 花まつり

--
バラの家 内「cafe 花まつり」は月曜日定休です。
お盆休み: 8/11(土)~8/17(金)

<営業時間 11:00-17:00>
 ランチ  11:00-14:00
 喫茶・軽食14:00-17:00
 ワークショップ2名さまより受付中です~
 店舗TEL 070-5576-3040(予約可能です)

スポンサーサイト



テーマ:カフェ
ジャンル:グルメ

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

バラの家スタッフ

Author:バラの家スタッフ




バラの家 実店舗



バラの家 楽天店

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

QRコード

QR

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる